TOP >>  赤ちゃんの性別 > Oリングテストについて

Oリングテストについて

2011.9.1|赤ちゃんの性別

それでは、Oリングテストのやり方について説明します。

テストを受ける人と、テストをする人の二人で行います。

まず、比較的力が入りやすい方の手(右手または左手)を、手のひらを上に向けます。

写真 1

親指と人差し指で、写真のように輪を作って下さい。

写真 2

最初は、反対の手に何も載せないで、輪を作った手と同じ程度の高さまで上げておいてください。

次に、検査をするもう一人の人が、この輪を両手で開こうとしてください。

この時、輪を作っている手には一定の力をいれて、簡単には開かないように抵抗して下さい。

写真

あまり、どちらも力一杯やらないでください。

この時は、輪を作る力がどの程度かを調べるだけです。

何も載せないで輪を作っている力が、普段の力なので何かを載せたりふれる事で、輪の力が強くなったり弱くなったりする事を知りたいわけです。

そして、次に検査したい物を反対の手の平の上に置くか、あるいは手の平で触れます。

赤ちゃんの性別を検査する場合は、お腹に手を当てて下さい。

601549_82755818

そして、輪を作った手をもう一人の人が開こうとして下さい。

性別検査の場合、簡単に開くときは女の子だと考えられます。

ぐっと力が入る場合は男の子です。

また、食べ物や薬などを検査で調べる場合、力が抜けるのは気が入らない物です。

力が入る物は、体に気が入り元気になる物と言う事になります。

こうやって、簡単にお腹の赤ちゃんの性別テストや、食べ物や薬が体に合うかどうかをテスト出来るのが、Oリングテストの特徴です。

元のページに戻る場合はクリックして下さい。



【赤ちゃんの命名・名づけのお申し込み,お問い合わせ】

フリーダイアル:0120-114-271(午前10時~午後6時まで)

>>携帯の方はこちらから 0120-114-271

>>お申し込みフォームはこちら


赤ちゃんの名づけ、命名のコースは 名づけのコース(料金)

姓名判断だけじゃなく四柱推命を使った名づけ、命名の特徴は 名づけの特徴

お母さん命名師 高木壬輿のプロフィールは 壬輿のプロフィール

赤ちゃんの運が良くなる出産日(帝王切開)選びは 帝王切開での吉日選び

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク



   

人気のある記事、おすすめです