赤ちゃんの性別は男の子?女の子?妊娠中の赤ちゃんの性別を簡単に知る方法があります

赤ちゃんの性別



こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。

妊娠中のお母さん、あなたのおなかの赤ちゃんの性別をご存じですか?


お母さんにとって、もっとも気になるのが赤ちゃんの性別だと思います。

お医者さんで聞いているお母さんは、すでにご存じですよね。


まだ聞いていない、あるいは、まだ早いので分からないというお母さんは、ぜひ最後まで読んでみてください。

赤ちゃんの性別判断

ご夫婦でできる、とても簡単な赤ちゃんの性別判断の方法です。

ところで、赤ちゃんの性別はいつごろ決まるのでしょう?

お医者さんで分かるのは、すごく早くて2週頃(性能のよい超音波写真で、熟練した先生が注意深く診察して)

実際は、早くて16週頃だと思います。


でも性別は、お父さんの精子とお母さんの卵子が、結合した時点で決まっているのです!

そこで

「お医者さまに聞かなくても赤ちゃんの性別が分かる方法はないの?」

とおもっているお母さんに、とても簡単に性別が分かる方法をお話しします。


「Oリングテスト」って聞いたことありますか?

正式には、バイデジタル・Oリングテストというそうですが、指で「わっか」をつくって、開くか開かないかで結果がわかるテスト方法です。

こちらのページに、詳しい方法を書きましたので、ご存知ない方は参考にしてください。

Oリングテストのやり方

それで、このOリングテストで、赤ちゃんの性別を調べることが出来るのです。

もともと、医学の分野で使われていたテスト方法で、体にとって良いものは力が入り、悪いものは力が抜けるという単純なテスト方法です。

そして面白いことに、女性同士で手をつないでOリングテストをすると、力が抜けます。

女性と男性が手をつないでOリングテストをすると、力が入るのです!

これって、磁石と一緒ですよね。

N極とS極なら引っ張り合い、同じNとN・SとSだと反発し合う性質と、とても良くにています。

この性質を利用して、おなかの赤ちゃんの性別を、調べることが出来ちゃうのです。

まず、お母さんの右手で、上のページのやり方を見て、「わっか」を作ってください。

そして、テストするお父さんがお母さんの指で作った「わっか」を、どのぐらいの力で引っ張れば開くかを、感覚で覚えておいてください。

あまり弱い場合(簡単に開いてしまう)は人差し指と中指の二本と、親指で「わっか」を作ってテストしてみてください。

なるべくお母さんの輪っかに、均等に力を入れ続けている事が、うまく判断できるポイントです。

次に、お母さんご自身の左手を、おなかの赤ちゃんの上に当ててください。

そして、右手でOリングを作ります。

そこでまたお父さんがお母さんのOリングを開いてみてください。

お母さんのOリングに、力がぐっと入ってなかなか開かないなら男の子です。

反対に、簡単に開いてしまったら女の子です。

私は、この方法で99%の確率で、性別を正しく判断しましたよー♪(何百人とやって一人だけ違ってました)

すでに、お医者様から性別を聞いている方も、楽しいのでぜひご夫婦でやってみてください (^^)

ただし、診断結果については自己責任でお願いします。

赤ちゃんの性別にあわせた名づけに関する記事はこちらです。

赤ちゃんの名づけをわかりやすく学べる電子書籍を無料プレゼントしてます。
赤ちゃんの名づけ、命名のコースは 名づけのコース(料金)

赤ちゃんの運が良くなる名づけ、命名の特徴は 名づけの特徴

お母さん命名師 高木壬輿のプロフィールは 壬輿のプロフィール

赤ちゃんの運が良くなる出産日(帝王切開)選びは 帝王切開での吉日選び
Pocket
LINEで送る

お問い合わせ、お申し込みはお電話で

Posted by yuko