画数の五行と四柱推命の五行を合わせて命名を考えています

名づけの特徴

こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。

私は、四柱推命を使って命名をしています。


その方法は、生年月日時間を干支(かんし)で見ていく方法です。

例えば、生まれた日の天干が丙(ひのえ)は、太陽のような燃え盛る火を表し、丁(ひのと)はロウソクの火を表します。

まさしく、性格がまったく違ってきます。


そして、その火をより強めることが良い人と、その反対に弱めてあげる方が良い人がいます。

その判断がはっきりできるのが、四柱推命です。


そして、その火を強める五行が木と火です。その逆に弱める五行は土と金になります。

その画数五行と吉凶を使って命名をします。


天格(晩年期)は姓なのですでに決まっています。

ですから、それにも合わせて人格(中年期)、地格(初年期)をそれぞれ画数五行、吉凶を見て命名します。

文章で表すほど簡単ではないけれど、赤ちゃんの事を思いながら必死に考えます。

そして、より豊かな人生を送れるように願いながら命名しています。


赤ちゃんの名づけ、命名のコースは 名づけのコース(料金)

赤ちゃんの運が良くなる名づけ、命名の特徴は 名づけの特徴

お母さん命名師 高木壬輿のプロフィールは 壬輿のプロフィール

赤ちゃんの運が良くなる出産日(帝王切開)選びは 帝王切開での吉日選び

お問い合わせ、お申し込みはお電話で

Posted by yuko