TOP >>  姓名判断 > 赤ちゃんの名づけ:姓名判断は何に重点をおくの?

赤ちゃんの名づけ:姓名判断は何に重点をおくの?

2010.10.24|姓名判断

こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。

姓名判断で赤ちゃんの名づけを考えるとき大切なのは、どの部分を重要視していったらいいのかということです。

姓名判断では一文字ごとの画数を、二つあるいは三つとたして合計の数字で判断するものです。

これも流派ごとに様々ですが、共通する部分でとても大切な部分が有ります。

それが天格・人格・地格・総格の四カ所です。

姓名判断だけで命名する場合、すべての部分を吉にすることは結構困難です。

そこでご自身で命名する場合の優先するポイントは

①総格を大吉にする

②地格を大吉にする

③人格を大吉にする


という順番で考えていきましょう。

天格だけは姓の合計なので変えることはできません。

天格⇒姓の合計ですから生まれながらに決まっています。

家系的な運勢も表します。

吉数であれば男系の家系で男性を中心に栄えます。

凶数であれば女系の家系となりやすいです。

晩年期の運勢を見るので50才以降の人生がどうなのかに影響があります。

人格⇒姓の下一文字と名の上一文字の合計です。性格や才能を現す画数です。

20才ぐらいから50才ぐらいまでの、いわゆる中年期の運勢に影響があります。

女性の場合結婚運にも影響があります。

もちろん結婚後姓が変われば人格も変わりますがすぐに変わるということではなく、2~3年かけて徐々に変わっていきます。

地格⇒名の合計です。幼少期から20才ぐらいまでの運勢に影響があります。

特に親子関係や、家庭環境を表す画数で、凶数ですと幼い頃寂しい育ち方をすることがあります。

三つ子の魂百までといいますから根源にある性格、対人関係への愛情に強い影響があります。従って愛情運もみることができます。

総格⇒姓名すべての画数の合計です。その名の通り人生の全体を表します。

他の場所に凶数があっても総格が吉であれば、あまり凶作用は出てきません。

従ってご自分で命名を考える場合はまず総画が吉数になるようにしましょう。


【赤ちゃんの命名・名づけのお申し込み,お問い合わせ】

フリーダイアル:0120-114-271(午前10時~午後6時まで)

>>携帯の方はこちらから 0120-114-271

>>お申し込みフォームはこちら

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク



   

人気のある記事、おすすめです

Loading Facebook Comments ...