あなたと赤ちゃんの性格、特徴 「癸」日生まれ

宿命の秘密

こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。

今日まで、生まれた日の十干(じゅっかん)からみた、特徴や相性などをお話ししてきました。

じつは、これこそが四柱推命の基本なのです。

最初は生まれた年だけで占っていました。

そのなごりが、えと占いです。

ねずみ年生まれの人は~という感じですが、これでは12通りなので大まかすぎます。

そこで、生まれ月、生まれ日を付け加えて占うようになったのが、四柱推命の大きな変化です。

そして、生まれた日の十干(じゅっかん)を中心に、判断するようになりました。

そのエキス、一部分をお伝えしてきました。

これだけでも、結構当たってますでしょう?

それでは「癸」についてお話しします。

ご自分の、あるいはご家族の、生まれた日の五行エネルギーについては、下記の記事を参考にさがしてください。

あなたと赤ちゃんの相性は気になりませんか?


甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸、という十種類(十干・じゅっかんと言います)から生まれた日の干(かん)を、見つけてください。

生まれた日が癸(みずのと)の人の本質

イメージは、雨やしずくなどです。

表面的には、従順で素直ですが、内面はかなり強情です。

何でも受け入れる、うつわがあります。

自分をコントロールするのが上手です。

壬(みずのえ)と同じで、五行は水ですから、頭が良いのですが、秘密を隠しとおす怖さもあります。

謙虚に見えるのですが、人をあっと驚かせるような事をします。

気を付けた方が良い体の部位は腎臓、足です。

腰痛、肩こり、頭痛持ちの方も多いです。
「癸」日生まれのお子さんは、上手にうそをつきます。正直に生きることを教えましょう。

またケンカが嫌いで、感情を抑えてしまいます。

人に合わせてしまうので、自分の意見を、表に出して言えるようにして上げてください。

昨日の壬(みずのえ)と今日の癸(みずのと)は、どちらも「水」の五行エネルギーです。

相性が良いのは、「金」「水」「木」です。

ですから、生まれ日の干(かん)で、相性が良いのは、「庚」「辛」・「壬」「癸」・「甲」「乙」となります。


赤ちゃんの名づけ、命名のコースは 名づけのコース(料金)

赤ちゃんの運が良くなる名づけ、命名の特徴は 名づけの特徴

お母さん命名師 高木壬輿のプロフィールは 壬輿のプロフィール

赤ちゃんの運が良くなる出産日(帝王切開)選びは 帝王切開での吉日選び

お問い合わせ、お申し込みはお電話で

Posted by yuko