TOP >>  命名の基礎知識 > 8月生まれの赤ちゃんに良い名前は?

8月生まれの赤ちゃんに良い名前は?

2011.8.4|命名の基礎知識

LINEで送る
Pocket

こんにちは、お母さん命名師の壬輿(みずよ)です。

夏休みに入り、家の子供たちも忙しいようですね。

長女(高三)は、部活で最後の演奏会に向けて頑張っているし、バイトもめいっぱいい入れているようです。
長男も、同じく部活(バスケです)と、お姉ちゃんと同じ和菓子屋で早朝からバイト。

ということで、次女(中三)と三女(小2)の二人で、お留守番。

次女は妹を置いて、どこかへエスケープ・・

そのせいで、家からしょっちゅう電話がかかってきます。

仕事があるので、小さい子供には 不自由をさえてしまうこともありますが、自立心が強くなってくれます(^^


ところで、もうじき暦の上でも8月になります。

立秋が、8月8日ですが そこから秋の季節の始まり。

干支(かんし)では、丙申(ひのえさる)

五行は火と金です。

四柱推命で、五行の金が良い五行になる赤ちゃんの場合、

名前の合計(地格)画数の末尾が7・8になるとラッキーです。

男の子なら、たとえば翔平、鋼一(ますます金ですね)、聖史

女の子なら、たとえば麻奈実、礼乃(アヤノ)、智衣など。

逆に金が悪い五行になる赤ちゃんにとっては、名前の合計(地格)の末尾が0・9が向いています。

男の子なら、正太(またショウタ)、大志、尚貴

女の子なら、麗菜(レナ)、夏純(カスミ)、明日乃などです。

ただ、四柱推命の吉凶がはっきりしていない時は、この通りではありません。

しっかりとわかる方に見ていただいたうえで、参考にして下さいませ。


【赤ちゃんの命名・名づけのお申し込み,お問い合わせ】

フリーダイアル:0120-114-271(午前10時~午後6時まで)

>>携帯の方はこちらから 0120-114-271

>>お申し込みフォームはこちら


赤ちゃんの名づけ、命名のコースは 名づけのコース(料金)

姓名判断だけじゃなく四柱推命を使った名づけ、命名の特徴は 名づけの特徴

お母さん命名師 高木壬輿のプロフィールは 壬輿のプロフィール

赤ちゃんの運が良くなる出産日(帝王切開)選びは 帝王切開での吉日選び

関連する記事はこちらからご覧下さい

LINEで送る
Pocket