孫が泊まって行きました。

赤ちゃん名づけ

こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。


先日、次女の孫をお泊まりで約1日面倒を見ました。

一週間前に遊びに来て、少し慣らしてからの丸一日です。


遊びに来た時は、1ヶ月以上会っていなかったこともあり、最初はやはり泣かれちゃいました。

しばらく遊んでいるうちに、だんだん慣れてくるんですが、もちろん親もそばにいて安心していてもそうなのです。


今回、親は夕方に連れて来て夜寝かせるまで一緒にいて帰る予定です。

その後はじぃじとばぁばで面倒をみるのです。

15年ぶりの赤ちゃんのお世話です。


やや不安もありで、川の字で寝ましたが寝相もすごく、夜泣きまではいかないまでも、ぐずることもしばしば。

私も熟睡出来ずに朝を迎えました。

じぃじは途中から別の場所に移動して寝てました(笑笑


孫はその後、良く寝てくれましたよ♪

末っ子が学校に行く頃、少しだけ泣いて目を覚ましました。

ママの顔が見えなくて、大泣きかなと心配しましたが、すぐご機嫌でほんとに助かりました。


子供達の子育てを思い出し、楽しい一日を過ごせたのが幸せです。

自分の子育ては余裕もなく、毎日やる事をこなす日々だったかな?


もっと手をかけて話しを聞き、一緒に色々やれたらよかったなぁーと今更ながら思いました。

でも、その時は必死だったんだと思います。


そう思うと、三世代が共に暮らす事が良いのだと実感しました。

子供の為にも、たくさんの人から愛情をもらって成長するのが、良いのでしょうね。


ともあれ怪我もなく、無事に一日が終わり、ほっとした孫のお泊まり保育でした (^^


お問い合わせ、お申し込みはお電話で

Posted by yuko