TOP >>  名づけの特徴 > 生年月日と画数を使った名づけのよさは?

生年月日と画数を使った名づけのよさは?

2010.10.24|名づけの特徴

LINEで送る
Pocket

こんにちは、お母さん命名師の壬與(みずよ)です。

今日は、良い名前ドットコムでは、どのように命名しているかを、分かりやすく説明してみたいと思います。

赤ちゃんの生年月日、生まれた時間、出生場所から四柱推命を使って、生まれてくる赤ちゃんの人生の基準となる、生命エネルギー(五行といいます)を割り出します。

つぎに 10年ごとの運気(大運といいます)から、初年運、中年運、晩年運、と大まかに三段階に分けます。

姓名判断でほとんどの流派でも共通な

・ 天格(姓の合計)

・ 人格(姓の最後の1文字と名の最初の一文字の合計)

・ 地格(名の合計)

を、それぞれ

・地格(初年期)
・人格(中年期)
・天格(晩年期)として

誕生時の生命エネルギーと、誕生後の生命エネルギーとの、バランスを見ます。

通常の名付けでは「画数の吉凶」と「画数陰陽」と「画数五行」だけをみるのが一般的です。

先天運(持って生まれた運気)を、四柱推命で鑑定し後天運(生後に受ける運気)を、名前の画数の生命エネルギー、補ったり弱めたりするように、文字を選んでいきます。


その上で発音での吉凶、漢字の意味合いも加味しながら、慎重に選んでいきますので、赤ちゃんの生涯においての運気を安定させ、幸せに生きられるよう、最高の名前をお送りすることができるのです。

※良い名前ドットコムでは四柱推命から分析した、生命エネルギー(五行)のバランスを中心に、鑑定いたします。

人は、【宿命】と【運勢】の2つを持ち合わせてこの世に生まれてきます。

バランスとは、この宿命と運勢の2つのバランスが取れた名前にするということです。

【宿命】とは…変えられない傾向

【運命】とは…変えることのできる運 と考えられます。

【宿命】の中にはマイナス(弱い部分)と、プラス(強い部分)の要素があり、弱い部分は(赤ちゃんの命名で)それをおぎない、強すぎる部分は、その要素を弱めるお名前をおつけします。

このときにお付けする名前は、「画数」と「読み」、「漢字の意味」も十分に考慮しておつけしますのでご安心ください。

バランスのとれた名前は、つまり、【宿命】と【運命】のバランスがとれたことと等しくなりますので、バランスのとれた運勢になります。

バランスの取れた運勢を持った赤ちゃんは幸せな人生を送ることが出来ます。

良い名前ドットコムでは、赤ちゃんの運が良くなり、幸せになる名づけ、命名を常に考え抜いています。

>>実際に名づけを依頼していただいたお父さん、お母さんのご感想です


【赤ちゃんの命名・名づけのお申し込み,お問い合わせ】

フリーダイアル:0120-114-271(午前10時~午後6時まで)

>>携帯の方はこちらから 0120-114-271

>>お申し込みフォームはこちら


関連する記事はこちらからご覧下さい

LINEで送る
Pocket