TOP >>  名づけの特徴 > お母さんの気持ちで、赤ちゃんの名づけを考えています

お母さんの気持ちで、赤ちゃんの名づけを考えています

2011.3.23|名づけの特徴

LINEで送る
Pocket

こんにちは、お母さん命名師の壬輿(みずよ)です。

私がお母さん命名師として、普段心がけていることがあります。

それは、いつも4人の子の母親としてすごしてて、子供たちを見つめている母親の観点です。

赤ちゃんの名づけ、命名は文字を選ぶ作業です。

選ぶための方法として、姓名判断や漢字の意味、音(よみ)の影響、宿命の判断、先天運の波などがあります。

しかしこれらはあくまでも理屈。

感情は入る余地がありません。

親として、もちろん理屈で良い方が良いに決まっていますが、気持ちの問題があります。

それは、好みもあるのですがそれ以上に、その名前を呼ばれたとき、子供さんがどんな風に感じるか?とか

友達などから、呼ばれやすいのだろうか?とか

小さいうちに書きやすい名前だろうか?などです。

私が自分の子供の名前を考える時こんな事を考えていました。

ですからご依頼いただいた時、お父さん、お母さんのこんな思いを考えるように、自然になっています。

もちろん、四柱推命や画数、漢字の意味、読みなどから候補をあげていきます。

そして、その漢字を使った時、読みやすいだろうか、書きやすいだろうか、親しみやすいだろうか、などを一生懸命に考えています。

それが、手前味噌かもしれませんが、お母さん命名師としての名づけの特徴であり、私の良さだと思っています。

【赤ちゃんの命名・名づけのお申し込み,お問い合わせ】
フリーダイアル:0120-114-271
(午前10時~午後6時まで)
>>携帯の方はこちらから 0120-114-271
>>お申し込みフォームはこちら

関連する記事はこちらからご覧下さい

LINEで送る
Pocket